スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

g130802_01.jpg

今回のMinecraft Ver1.6.2導入“予定”MODは以下の通り。

  • MinecraftForge v9.10.0.804 (Installer)
  • OptiFine HD B4 Ultra for Minecraft 1.6.2
  • 美咲フォント v1.8
  • Too Many Items for 1.6.2 Forge version
  • [1.6.2+] Inventory Tweaks v1.55b
  • [1.6.2] MineAllSMP v2.5.6 forge9.10.0.781
  • [1.6.2] CutAllSMP v2.4.7 forge9.10.0.781
  • Rei's Minimap v3.4_01

だったのですが・・・。

追記(2013.8.5) : 『Minecraft Forge』と『Optifine』を一緒に入れることができました。

困難その1

とりあえず最初に行った手順をさらっと。

  1. .minecraftフォルダ内を空っぽにし、Minecraft Lancherを起動。
  2. ログインし、バニラ状態で一度起動 > 閉じる。
  3. minecraftforge-installer-1.6.2-9.10.0.804.jarを右クリック > 『プログラムから開く』 > 『Java(TM) Platform SE binary』をクリック > 『OK』。
  4. WinRARを使用し、.minecraft/versions/1.6.2-Forge9.10.0.804/1.6.2-Forge9.10.0.804.jarに『OptiFine』『美咲フォント』を入れる。
  5. .minecraft/modsに『Too Many Items』『Inventory Tweaks』『MineAll』『CutAll』『Rei's Minimap』をそれぞれぶち込む。
  6. Minecraft Lancherを起動し、プロファイルを『Forge』にし『Play』をクリック。
  7. しかし、起動できず落ちる。

という感じ。

まず起動できない原因。『OptiFine』が指定した『Minecraft Forge』のバージョンを使うこと。『OptiFine』のフォーラムには以下のように書いてあります。

Download OptiFine 1.6.2_HD_U_B4 (fixed distribution of Random Mobs, faster terrain rendering, fixed ModLoader compatibility, compatible with Forge #789)

『#789』とはつまり『Minecraft Forge v9.10.0.789』を使って下さいということ。上の手順では『MinecraftForge v9.10.0.804』だったので相性が合わなかったことになります。

なので『Minecraft Forge v9.10.0.789』を上の手順で一から入れていけば良い・・・のですが。また困難にぶち当たります。

困難その2

では『Minecraft Forge v9.10.0.789』をインストールし、それぞれMODを入れるとどうなるか。すると下のエラーが出現。

(省略)

Gave up trying to download http://repo.maven.apache.org/maven2/org/scala-lang/scala-library/2.10.2/scala-library-2.10.2.jar for job 'Version & Libraries' Job 'Version & Libraries' finished with 2 failure(s)!

訳の分からないエラーが・・・。

この『Minecraft Forge v9.10.0.789』をインストールするとエラーを吐いてしまい起動することができません。応急処置の方法を探してみたところ、Minecraft Lancherでもこちらの方法で導入可能らしいのですが、結果を言うとその方法でもエラーが出て無理でした。自分の環境だけなのか、やり方が悪いのか・・・。

結局どうしたか

まとめると『OptiFine』か『Minecraft Forge』どっちを取るの?ということに。『Minecraft Forge』が必要なのは整頓MODの『Inventory Tweaks』だけなので『OptiFine』を取ることにしました。『Minecraft Forge』の導入はバージョンアップを待つかいろいろ模索しながら考えたいと思います。

追記(2013.8.5) : 以下のページを参考に『Minecraft Forge』と『Optifine』を入れることができました。

以下が最終的な導入MODと手順です。

▼ ModLoaderの場合

  1. .minecraftフォルダ内を空っぽにし、Minecraft Lancherを起動。
  2. ログインし、バニラ状態で一度起動 > 閉じる。(←ここまでは最初に行った手順と同じ)
  3. 『MCPatcher』を起動し、『ModLoader』『ModLoader Patch』『OptiFine』『美咲フォント』『Too Many Items』の順に追加し『Patch』をクリック。
  4. .minecraft/versions/1.6.2-mcpatcher/modsに『MineAll』『CutAll』『Rei's Minimap』をぶち込む。
  5. Minecraft Lancherを起動し、プロファイルを『MCPatcher』にし『Play』をクリック。
  6. これで完了。

『ModLoader Patch 1.6.2_a Patches: 1』は『ModLoader』を入れた状態で起動後30秒ほど経つと音が出なくなるという現象を解決するパッチです。

▼ MinecraftForgeの場合(Forge + OptiFine)

  1. .minecraftフォルダ内を空っぽにし、Minecraft Lancherを起動。
  2. ログインし、バニラ状態で一度起動 > 閉じる。(←ここまでは最初に行った手順と同じ)
  3. minecraftforge-installer-1.6.2-9.10.0.804.jarを右クリック > 『プログラムから開く』 > 『Java(TM) Platform SE binary』をクリック > 『OK』。
  4. プロファイル『Forge』で一回起動しておく。
  5. OptiFine_1.6.2_HD_U_B4.zipoptifine-1.6.2_HD_U_B4.jarにリネームする。
  6. .minecraft/libraries/net/optifine/optifine/1.6.2_HD_U_B4の様にフォルダを作成し、そこに先ほどリネームしたoptifine-1.6.2_HD_U_B4.jarを入れる。
  7. .minecraft/versions/1.6.2-Forge9.10.0.804の中にある1.6.2-Forge9.10.0.804.jsonをメモ帳で開き以下を追加する。
    // (省略)
            {
                "url": "http://files.minecraftforge.net/maven/",
                "name": "net.minecraftforge:minecraftforge:9.10.0.804"
            },
            ////////////--- ▼ ここから ▼ ---////////////
            {
                "name": "net.optifine:optifine:1.6.2_HD_U_B4",
                "serverreq": false
            },
            ////////////--- ▲ ここまで ▲ ---////////////
            {
                "serverreq": true,
                "name": "net.minecraft:launchwrapper:1.3"
            },
    // (省略)
    
    記述後、上書き保存する。
  8. .minecraft/modsに『Too Many Items』『Inventory Tweaks』『MineAll』『CutAll』『Rei's Minimap』『竹Mod』をぶち込む。
  9. Minecraft Lancherを起動し、プロファイルが『Forge』になっていることを確認し、『Edit Profile』をクリック。
  10. 『JVM Arguments』にチェックを入れ、そこに-Dfml.ignorePatchDiscrepancies=trueを追加する。
  11. 『Save Profile』をクリック。
  12. 『Play』を押して起動。タイトル画面までエラー無しで行けば導入完了!

『Minecraft Forge』の場合は各MODがForgeに対応しているかを要チェック。MODによってどの『Minecraft Forge』バージョンを使えばいいのか調べてから行う必要があります。

追記(2013.8.4) : 『OptiFine』のForge対応バージョンはv9.10.0.789になっていますが、v9.10.0.804でも可能でした。ついでに『竹mod』も追加。

ということでなかなか困難だったVer1.6.2へのMOD導入でしたが、まだまだ未成熟なMODもあるのか、はたまた自分が未熟なのか。至らない点はあると思いますがご参考になれば幸いです。

関連商品

関連記事

コメントを投稿する

0 コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。