スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

g140703_02.jpg

注意 : GeForce Experienceのバージョンアップに伴い、ver3.0から「ShadowPlay」が「共有(Share)」に統合されています。ver2時に作成した記事なので内容や画像などの情報が古くなっています。ご了承下さい。

ShadowPlayにデスクトップキャプチャモードが実装されたことで対象外のゲームでも録画が可能になりました。これに伴い、MinecraftでもShadowPlayの恩恵に預かれるようになったので、低負荷ながらも高画質な映像を簡単に録画・配信できるようになりました。今回は少し補足があるのでそれも含めまとめてみます。

追記 (17.5.10) : NVIDIAより録画・配信機能にOpenGLが正式対応とアナウンスされました。
追記 (17.3.2) : ツールを使用しないフルスクリーンでの録画方法(コメント欄参照)。内容修正・追記。
追記 (17.1.12) : フルスクリーンでも録画が可能との報告あり。内容修正・追記。
追記 (15.1.25) : "Twitch Broadcasting Unavailable" エラーの対処法。
追記 (15.1.13) : MinecraftのTwitch配信機能について。ボーダーレスウィンドウに関する新しい提案。内容修正。

1. 対応グラフィックカードをチェック

GEFORCE GTX CLASS GPUS 1080, 1070, 1060, 1050, 1050TI, TITAN X, 900, 700, 600, 900M, 800M, 700M, SELECT 600M SERIES

ShadowPlayの必要条件は上の通り。確認方法はタスクバーから「NVIDIA コントロールパネル」を開き、メニュバーの「ヘルプ」→「システム情報」で確認することができます。またドライバーが古い場合はアップデートしておきましょう。

対応外の場合は諦めるか新しいものを買いましょう。

2. NVIDIA GeForce Experienceのインストール

すでに「NVIDIA GeForce Experience」がインストール済みであれば 3. へ進んで下さい。

インストールされていない場合は以下からダウンロードし、説明に従ってインストールして下さい。

3. ShadowPlayの設定

タスクバーから「NVIDIA GeForce Experience」を開き、右上にある「ShadowPlay」ボタンをクリックします。

g140720_00.jpg

ShadowPlayウィンドウが開くので、左側のスイッチをクリックしてONにします。

g140720_03.jpg

これでShadowPlayの設定が変更できるようになります。

g140720_02.jpg

ちなみに自分の設定は以下です。参考までに。

  • モード : 「手動」
  • シャドウ時間 : なし
  • クオリティ : 「カスタム」
    • 解像度 : 「1080p」
    • フレームレート : 「60」
    • ビットレート : 「30」
  • オーディオ : 「ゲーム内」

「NVIDIA GeForce Experience」に戻り、「基本設定」タブ→左側の「ShadowPlay」で設定画面を開きます。

以下の図を参考に設定します。

g140719_03.jpg

まず、「デスクトップのキャプチャを許可」にチェック。これでデスクトップ画面全体をキャプチャすることができます。

続いてキーボードショットカット。使いやすいようにカスタマイズできますが、上述のようにPauseScrollLockなど普段使うことのないキーに設定しておくとワンタッチで録画や配信ができて便利です。マクロキーがあればそれを設定しても良いでしょう。

保存場所について。これは当方で実際キャプチャしてみた結果なのですが、「保存場所」と「一時ファイルの場所」両方共HDDに設定すると映像に遅延が発生し、しかも、ゲーム中の負荷が大きくなってしまいました。HDDの書き込み速度が足を引っ張っているのかもと思い、システムディレクトリ(C:)がSSD、追加領域(D:)がHDDなので「一時ファイルの場所」をSSDに設定したところ格段に良くなりました。HDD単体にシステム、Minecraft本体、録画保存場所がある場合、高画質設定だとキツイかもしれません。

これで設定は完了です。

4. Minecraftの解像度

追記(17.5.10) : GeForce Experience 3.6からマインクラフトが正式対応!

OpenGLサポートということでシェア機能での録画・配信が標準で可能となりました。やっとという感じですが・・・。

まだ他に機能があるのか検証はできていませんが、これまでは幾つかの手順を踏まないと録画できなかったMinecraftも他と肩を並べたわけですね。

g140703_03.png

追加されています!

これでこの問題はようやく終結できたようです。コメント頂いた方々へお礼申し上げます。長らく付き合って頂きありがとうございました。

で、ここで問題が。環境によって違うのか分かりませんが、「フルスクリーンモード」だと録画ができない(?)らしいです。自分の環境では上手くいきませんでした。もしキャプチャできるようであれば以下を読む必要はありません。

追記 (17.3.2) : ツールを使用しないフルスクリーンでの録画方法(コメント欄参照)

コメントにて情報を頂きました。ありがとうございます。

Minecraftを「ウィンドウモードの状態で」録画を開始。ビデオ設定もしくはF11キーでフルスクリーンに切り換える、だけというツールやMODを使わないとても簡単な方法です。ですので以下に挙げているツール(4.1、4.2)はこの方法では使用しないのでスルーして下さい。

詳細等はコメント欄を御覧下さい。

追記 (17.1.12) : フルスクリーンでも録画が可能との報告あり

フルスクリーンでも録画できる」との情報を頂きました。まずはMinecraftの描画設定でフルスクリーンをONにし、5.の手順で録画が確認できたようであれば、以下のツール(4.1、4.2)を使用する必要はありません。報告者様に感謝です。

フルスクリーンで録画ができなければ「ウィンドウ画面」を使うしかない訳ですが、ShadowPlayはデスクトップ全体をキャプチャするのでゲーム画面の外も映り込んでしまいます。気にならないなら問題はありませんが、動画編集する場合は不便です。

そこで必要になるのは「ボーダーレスウィンドウ化」のためのツール。以下に2つ挙げてみました。

4.1 GameCompanion

「FILES」タブをクリックし、最新版の「download manually」からダウンロード。解凍し、EXEからインストールして下さい。タスクバーに「GameCompanion」アイコンが現れたらクリック。

g140720_05.jpg

設定画面の「Auto FFMode/VFMode」の欄にjavaw.exeを追加します。Minecraftを起動してウィンドウの枠が消えて全画面になったら成功です。

4.2 Borderless Gaming

zipを解凍したら適当なフォルダに置いておきます。

Minecraftを起動して、先ほど解凍した中にある「BorderlessGaming.exe」を起動します。もしユーザーアカウント制御ウィンドウが出たら「はい」をクリックします。タスクバーに「BorderlessGaming」アイコンが現れるので、右クリックし「Open」で設定画面を開きます。

g140720_04.jpg

  1. 「javaw」を選択。
  2. 右矢印をクリック。

Minecraftを起動してウィンドウの枠が消えていることを確認。

【注意】 バージョンによっては録画映像の解像度がおかしくなる場合あり。対処法としてMinecraftを起動しタイトル画面まできたら、一旦Alt+Tabでデスクトップへ戻し、それからMinecraftを開くと大丈夫なようです。

5. 録画/配信開始!

ShadowPlayで設定したショートカットキーを押せば録画/配信が始まります。

6. MinecraftのTwitch配信機能

そもそもTwitchで配信するのであればMinecraft(Ver1.7.4+)だけでも可能です。使い方は割愛しますが、TwitchのチャットがMinecraftのチャットにも反映されたり何かと便利です。

ただ、設定がめんどうです。Minecraftの「Options」→「Broadcast Settings」をクリックすると色々弄れるんですが、クオリティ(bpp)、ビットレート(kbps)、フレームレート(fps)を好き勝手に動かすと映像が崩れます。以下のサイトに最適なbppを割り出せる計算機があるので、それを使ってみましょう。

【例】 解像度を1280x720(pixel)、フレームレートを30(fps)、あとはbpp(bits/pixel)が0.100~0.200の間に留まるようにビットレート(kbit/s)を変更してやる。(※解像度は16の倍数である必要がある。比率(16:9、4:3など)を維持しようとすると必然的に解像度は決まってくる。Minecraftで設定可能なビットレートの範囲は230~3500kbps)

g140720_06.jpg

算出した値をMinecraftで設定して完了!

g140720_07.jpg

6.1 "Twitch Broadcasting Unavailable"エラーの対処法 (15.1.25追記)

F6で配信しようとしたらこんなメッセージが。

g140720_08.jpg

説明にはTwitchとMinecraftの連携のやり直し(Rebind)とあるようですが、直らず。で、Minecraftランチャーの「Switch User」→「Log Out」で一旦ログアウトした後、再度ログインしたら直りました。

ランチャーのログで確認すると放送用のトークンが正しく取得されていない云々のメッセージがありました。てっきりBAN喰らったかと・・・。

7. まとめ

何気に大変なMinecraftの録画と配信。しかし、環境さえ整ってしまえばあとは自由です。

「ShadowPlay」は低負荷・高画質が魅力なのでMinecraftにもご加護をってな感じでまとめてみました。対応グラフィックカードをお持ちならぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

関連商品

関連記事

コメントを投稿する

4 コメント

  • あのー、「デスクトップのキャプチャの許可」がないんですけど、
    どうすればいいですか?

      マインクラフターゴット

      2015-03-14 14:41

      編集

  • > あのー、「デスクトップのキャプチャの許可」がないんですけど、
    どうすればいいですか?

    恐らく『Windows Aero』が無効になっているから、かと思われます。
    当方でも試してみましたが『デスクトップのキャプチャを許可』にチェックが入れられない状態になりました。
    もしWindows Vista以降をお使いである場合は『Windows Aero』を有効にすることで直る可能性があります。

    それでも直らない場合は「ShadowPlayウィンドウのスイッチがONになっているか」「グラフィックドライバーやGeForce Experienceが最新のものか」確認して下さい。

      MEDURO

      2015-03-14 15:51

      編集

  • 以前まででもディスプレイが複数ある場合は ディスプレイを拡張する を適用してる場合 ディスプレイを複製する に変更してから マインクラフトをウィンドウモードで起動し、shadowplayの録画を開始してからフルスクリーンにすることでやっとフルスクリーン録画出来たのですが、ランチャーが2.0になってから ディスプレイを拡張する が適用された状態のままでも以下同様の手順でフルスクリーン録画可能になったようです。
    ただ、私はボーダーレス化するMODを導入してたのでウィンドウモードの状態から録画しなくても良いようにしてたんですけどそのランチャー2.0になってからボーダーレス化MOD入れるとクラッシュするようになったので結局手間が増えましたが( ◜◡‾)
    使えなくなったけど一応...ボーダレス化MOD 以下URL
    https://mods.curse.com/mc-mods/minecraft/227441-fullscreen-windowed-borderless-for-minecraft#t1:description

      名無しさん

      2017-03-01 23:10

      編集

  • > 名無しさんへ

    ウィンドウの状態で録画を開始してからフルスクリーンにすれば良いという訳ですね。なるほどです。そちらの方法であれば必ずしもツールを使う必要がないということですね。当方でも試してみましたがF11キーでウィンドウ/フルスクリーンの切り替えができるようなのでこちらの方が簡単で良いですね。貴重な情報ありがとうございます。

    あとボーダレス化MODというものもあったのですね。参考になりました。リンクまで貼って頂き、感謝です(_ _)
    これらを参考にさせて頂き、追って記事を修正したいと思います。

      MEDURO

      2017-03-02 18:14

      編集

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。